認定証の作成を学ぶ

このサイトでは、認定証作成をする際に重要な視点となるポイントをまとめて紹介しています。
認定証は第三者が見た時にステータスを感じさせる工夫が必要で、それが認定された方にとっても様々なメリットをもたらします。
特に色合いに拘りを見せることが重要で金ベースと銀ベースの色とすることで、賞を受賞した様なイメージを与えることができます。
金ならゴールドなので最上位の価値があるものとされ、銀ならばシルバーなのでゴールドに及ばないものの副賞のイメージとなります。

認定証を作成する際のポイント!金ベースと銀ベースによるイメージの違いとは?

認定証を作成する際のポイント!金ベースと銀ベースによるイメージの違いとは? 認定証を取得した場合、対外的に人に見せるためのもので額縁などに入れて掲示する場合もあります。
そのため色合いに拘ると周囲より目立つこととなり、アピールする上でも最適です。
特に金ベースと銀ベースで作成されると良く、その二つを使い分けることで対外的にも価値があるというイメージを色合いだけで与えてくれます。
一般的に金ベースだと最上位の価値がある、銀ベースだと金ベースよりは価値がないが次に価値があるというイメージとなります。
もっとも携帯できるプラスチックカードタイプの認定証でも、ゴールドカード、シルバーカードといった様に分けることもできます。
これはクレジットカードでも採用されており、ステータスを表すための象徴になっています。
これと同じ様にプラスチックカードタイプの認定証の作成でも、この二つの色によってステータスを象徴することも可能です。

認定証をできるだけ安く作成する方法は?

認定証をできるだけ安く作成する方法は? 認定証などのIDカードを作成する場合、一般的に知られている店舗での発行となると団体として複数枚を同時に頼んでも値段は高くなり、また本人の1枚のみを依頼をしても料金は割高となります。
認定証などをできるだけ安く作成する方法として、インターネットなどで受け付けを行っているIDカード製作専門サイトを利用するというものがあります。
 このような専門サイトの場合、1人のみのカード製作でも料金が割り増しされることなく依頼を申し込めるというメリットがあるだけでなく、デザインの校了、個人データの入稿が済みしだいすぐに発行する速さを売りにしているところが多いため急ぎでも対応できるというケースがあります。
上記のようなサイトで認定証の作成をさらに安くする方法としては、専門サイトで提示されているテンプレートのデザインを利用すると非常に安価に済ませることができます。
 サイトによってはテンプレートの場合のデザイン料を無料としているところもあるため、依頼主が気に入るテンプレートデザインがあればそれを活用しましょう。
一方で、安価な反面個人情報の保護が不徹底なサイトもあるため、依頼は必ずPマーク取得をしている企業にお願いをするようにしましょう。

認定証作成関連サイト

各種資格の認定証の作成をしてくれます。

認定証を作成する

新着情報

◎2018/6/1

履歴書の資格欄を記入する
の情報を更新しました。

◎2018/4/6

認定証の印鑑の意味
の情報を更新しました。

◎2018/2/8

認定証を入れる額縁
の情報を更新しました。

◎2017/12/8

受け取るときのマナー
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

プラスチックタイプの認定証
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました

「認定証」
に関連するツイート
Twitter

私は50 点満点中

何が届いたかと思ったら、認定証やったー。 会社の近くにAEDある場所ってあるんか確かめたことないなー。 イベント会場みたいなとこ、あそこがいちばん近くて、2番目は専門学校かなー。あのお高いホテルはちょっと遠いよなー。 うちの近くだとコンビニ…置いてるのか? セブンは遠い…。

返信先:いつも認定証回収の時に、なずなちゃんがおかえりって言ってくれてほんとに温かい気持ちでご帰宅出来てるよ、ありがとう😭 やっぱり本店5かーい✋だね🥰

東京タワー階段で登ったんだけど、上りはじめの段階で「上り階段認定証」もらってしまった

私は50 点満点中